使途秘匿金、1054法人で60億円 13事務年度
制裁課税は24億円 不正生む恐れ

2015/8/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2014年6月までの1年間に企業が支出先を明らかにしない「使途秘匿金」として国税当局に申告した資金の総額が60億円で、24億円の制裁課税を受けていたことが10日、分かった。使途秘匿金を支出した企業は1054法人。業種別では建設業の課税額が最も多かった。専門家は「使途秘匿金の支出先の追跡は難しく、脱税や贈収賄など不正の温床になりかねない」と指摘している。

日本経済新聞が国税当局に情報公開請求し、入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]