小池改革、かけ声「浸透」 五輪・豊洲はこれから

2017/2/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京都の小池百合子知事が2日で就任から半年を迎えた。昨夏の都知事選の公約に掲げた政策のうち都政の透明化や知事報酬の削減、待機児童対策にはすでに着手し、方向性を示した。今後は実行力が問われる。「小池劇場」として耳目を集めた豊洲市場への移転問題や2020年東京五輪・パラリンピックの開催準備は近く山場を迎える。

小池知事は1日、就任半年について記者団に聞かれ、「(庁内に)改革の思いが浸透してきた」と語…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]