2019年1月23日(水)

グローバル化に透明性を  展望2015
パリ経済学校教授 トマ・ピケティ氏

2014/12/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

――所得格差拡大に批判的ですが、経済成長には一定の格差は避けられない面もあります。

「確かに成長の持続にはインセンティブが必要で格差も生まれる。過去200年の成長と富の歴史を見ると、資本の収益は一国の成長率を上回る。労働収入より資産からの収入が伸びる状況だ。数年なら許容できるが、数十年続くと格差の拡大が社会基盤を揺るがす」

「日本に顕著だが(成長力の落ちた先進国では)若者の賃金の伸びが低い。第2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報