/

この記事は会員限定です

出生率1.8で1億人維持は困難 外国の人材獲得もカギ

けいざい解読

[有料会員限定]

安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の第2段階が始まった。名目国内総生産(GDP)600兆円、希望出生率1.8の実現、介護離職ゼロが新3本の矢。50年後も人口1億人を維持するという目標も掲げるが、死角もある。

「少子高齢化という構造的課題に今こそ、真正面から取り組むべきだと判断した」。10月29日の一億総活躍国民会議の初会合で首相は力説した。

日本は世界最速で人口減少と高齢化が進んでいる。デフレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン