/

この記事は会員限定です

コメ輸入枠拡大に反発 自民内、TPPけん制の声

農業予算狙う思惑も

[有料会員限定]

自民党は22日、TPP(環太平洋経済連携協定)対策委員会など合同会議を党本部で開いた。会合では、コメの輸入枠拡大に反対する声が相次いだ。TPP交渉は大詰めを迎えており、政府が農産品の輸入関税の引き下げ・撤廃で米国に譲歩しないようけん制する狙いがある。TPP交渉の妥結と来年の参院選を見すえ、農業の国内対策費を引っ張り出したいとの思惑も見え隠れする。

会合では、西田昌司参院議員が「コメを無視して地方創...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン