トップ > 特集 > 深まる疑惑 > 記事

証人喚問、虚偽証言なら偽証罪に

2017/3/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

憲法62条に基づく国会の国政調査権により証人の出頭や証言、記録の提出を求めるのが証人喚問だ。籠池泰典氏への今回の喚問は、2012年にAIJ投資顧問による年金消失事件で当時の社長を喚問して以来、約5年ぶり。衆参両院の予算委員会で同日に実施するのは初めて。

証人は正当な理由なく、出頭や証言を拒否できない。虚偽を述べれば偽証罪に問われ、3カ月以上10年以下の懲役が科される。出頭や宣誓、証言を拒否すると…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]