/

この記事は会員限定です

韓国、対日関係修復てこ入れ 盗難仏像1体の返還決定

世界遺産での確執 解消狙う

[有料会員限定]

【ソウル=峯岸博】2012年に長崎県対馬市で盗まれ韓国に持ち込まれた仏像2体のうち1体の国の重要文化財「銅造如来立像」が日本に返還されることが15日決まった。韓国政府は世界遺産登録が決まった「明治日本の産業革命遺産」をめぐる日本との確執を解消し、関係修復の動きをてこ入れしたい考えだ。

韓国最高検は16日にも引き渡しが可能だとしている。返還理由に(1)文化財庁の鑑定で、日本が不法に仏像を持ち去ったこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン