2019年8月20日(火)
トップ > 特集 > スカイマーク > 記事

空の第三極、姿消す 再び寡占で料金上昇懸念

2015/8/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

スカイマークが再建に向けてANAホールディングスの支援を盛り込んだ再生計画を進めることになり、日本の航空業界から事実上、「第三極」が消える。「空の暴れん坊」ともいわれたスカイマークが国内大手の陣営に入ることで、競争環境が弱まれば、料金の高止まりにつながるリスクもある。

国内線の「ドル箱」とされる羽田空港の発着枠を1日36往復分持つスカイマークがANAの出資を受けると、1990年代の航空自由化以降…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。