/

この記事は会員限定です

記者の目◇エディオン株に「地デジ特需」の追い風が吹かぬワケ

[有料会員限定]

家電量販2位、エディオンの株価がさえない。年初の1000円台から10月には500円台半ばで年初来安値を更新。株価純資産倍率(PBR)0.5倍前後。

足元の業績は良く、2011年7月の地上デジタル放送の完全移行に伴うテレビ特需という追い風も吹いているにもかかわらず、低い株式市場の評価に社内では疑問の声も出始めた。規模や効率性ともにライバル企業に比べて"中途半端"という評価が、追い風がエディオンを避け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン