記者の目◇イオン、グループ内の優等生が示す飽和市場での打開策

2010/9/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内消費市場の低迷に苦しんでいたイオンの業績が上向きつつある。2011年2月期の連結営業利益は前年同期に2けたの増加が見込まれる。ただ、改善のけん引役は経費削減などの効率化で、売上高の本格回復には至っていない。こうした中で、安定的に増収を続けるのがショッピングセンター(SC)の開発事業を担うイオンモール。新たなSCの開発から、国内の実情にあったビジネスモデルに転換したことが奏功している。

イオン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]