/

この記事は会員限定です

経営トーク◇日本M&Aセンター・分林保弘会長「今期の過去最高益、大きな数字でない」

[有料会員限定]

日本M&Aセンターの2010年3月期連結決算は、純利益が前の期比11%減の7億8200万円だった。大型案件の成約時期がずれ込んだことで当初計画(10億円)に届かなかった。だが、後継者不足を背景にした中堅・中小企業のM&A市場は拡大傾向にある。10日に都内で開いた決算説明会で分林保弘会長は「今期の経常利益計画(前期比45%増の20億円)は過去最高益だが、そんなに大きな数字だとは思っていない」と業績予...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1000文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン