/

この記事は会員限定です

記者の目◇松竹、歌舞伎事業の災難は乗り越えたが…

[有料会員限定]

松竹の株価が低迷から抜け出す兆しを見せている。2010年11月2日に昨年来安値(493円)を付けた後、直近は500円台で推移。主力の映像関連事業では、興行部門で他社から配給を受けた映画作品が善戦。演劇事業では歌舞伎座の建て替えに加え、人気歌舞伎役者のけがで大打撃が及ぶところだったが、代替公演が意外に好調だ。ただ今後、株価が力強く上値を追うには、課題も浮き彫りになってきた。

松竹が過去最高の連結営業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン