2019年2月19日(火)

未必のマクベス 早瀬耕著 構成の妙、究極の初恋小説

2014/10/23付
保存
共有
印刷
その他

(早川書房・2200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

(早川書房・2200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

気持ちのいい文章だ。どこまでも滑らかで、どこか甘く、さらに懐かしさを秘めている。忘れていたことをどんどん思い出す。小説を読むということは文章を読むことなのだ、と改めて感じたりする。

こういう小説はストーリーを紹介しても、あるいは犯罪小説、ハードボイルドというジャンル分類をしてもさして意味がない。では、どういうふうに紹介すべきか。

本書の語り手である38歳の中井優一が、高校時代を思い出すくだりがある。思い出すのは鍋島冬香という同級生だ。特に何かあったわけではない。だがその後、彼女のことを忘れた日が一度もない、というから尋常ではない。

これは本書の冒頭近くに出てくる回顧だが、ここまで書かれるとこの女性が本書に登場してくるのは必然だ。

問題はどういうかたちで、いつ登場してくるかだが、実に意外なかたちで登場してくる。この構成のうまさが群を抜いている。

話の展開を、特に後半を、乱暴すぎると批判する向きもあるかもしれないが、なあに、気にすることはない。これは究極の初恋小説だ。

★★★★

(文芸評論家 北上次郎)

[日本経済新聞夕刊2014年10月22日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

未必のマクベス (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者:早瀬耕
出版:早川書房
価格:2,376円(税込み)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報