2018年11月19日(月)

路線価30万円以下でも税負担 郊外でも課税対象に
徹底試算(1)

2014/10/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

来年1月の相続増税で非課税枠の基礎控除が4割減ると、今まで相続税がかからなかった地域でも負担が生じるようになる。路線価が12万5000~30万円の地域がおおよその目安となる。

例えば神奈川県藤沢駅の路線価は25万円。土地157.68平方メートル(50坪弱)の一軒家(評価額3942万円)と預金など2274万円の計6216万円を兄弟2人で相続する場合を考えてみる。

今は基礎控除が7000万円あるので…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報