2018年4月25日(水)

未来企業 リンダ・グラットン著 多面的な機能と役割を問う

2014/9/4付
保存
共有
印刷
その他

(プレジデント社・2000円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

(プレジデント社・2000円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

 近年、企業とその活動への評価はあまり高いものではないが、本書を読み終えたとき、“にもかかわらず”といった気分と感動が沸き起こってきた。先進的な企業の成員が、どのようにして組織目的を共有し、コアとなる組織能力(ケイパビリティ)を育て発展させているかを描いているからだ。

 本書は会社のメンバーが「フォロワーとして目的や働きがいのある仕事人生を確かなものにする」ことの戦略や方法論を随所で紹介している。例えば途上国の数千万人という「回避可能な視覚障害者」の存在を前に、500万件を超える眼科検診を実施した銀行の事例。あるいは「工場の外側に責任を負う」食料品メーカーは多くの農家の未来を開き始めている。こうした行動は本業と無関係ではない。

 とはいえ本書は単にこうした「良い話」を集めたものではない。急速にグローバル化しつつある現代の、多面的な企業の機能と役割を働く人たちに問いかけつつ、新たなリーダーシップとマネジメントの確立を呼びかけたものである。

 著者は主に大企業の事例を紹介しているが、中小企業でも同様である。吉田晋治訳。

★★★★★

(福山大学教授 中沢孝夫)

[日本経済新聞夕刊2014年9月3日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ

著者:リンダ・グラットン
出版:プレジデント社
価格:2,160円(税込み)

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報