ネットスーパーの草分け ローカルバニヤ (インド)
品ぞろえ豊富、時間も節約

2014/8/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インドで「ネットスーパー」の需要が拡大している。その草分けがローカルバニヤだ。20歳代(当時)の若者3人が2011年に設立した。今ではインド最大商都ムンバイで5万人超の会員を持つ規模にまで成長した。

ホームページには野菜や果物などの生鮮品をはじめとする食品、台所用品など8千種類以上の品物が並ぶ。利用者はネットで注文すると、翌日朝7時から深夜0時までの指定の時間帯に戸口まで商品を届けてもらえる。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]