/

この記事は会員限定です

帯状疱疹、若い世代も発症 早めの治療で後遺症防ぐ

[有料会員限定]
 帯状疱疹(ほうしん)は、体の奥に潜んでいた「水ぼうそうウイルス」が再び活発化して引き起こす病気だ。電気が走るようなぴりぴりとした痛みとともに赤い発疹ができて水ぶくれとなり、胴体などの片側だけで帯状に広がる。高齢者の病気というイメージが強いが、若い世代の発症も目立つ。加齢や過度なストレスなど原因は様々で、治療が遅れると痛みなどの後遺症が長引く恐れがある。早期の対応を心がけたい。

神奈川県に住む80...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン