2019年1月16日(水)
トップ > 特集 > 黒田日銀 > トピックス > 記事

黒田日銀の物価観的中? 失業率改善で上昇しやすく
人手不足も追い風に

2014/7/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「2年で消費増税の影響を除く物価上昇率2%」を就任時に掲げた黒田東彦日銀総裁。民間エコノミストの多くは「実現は難しい」と懐疑的だったが、今のところ日銀のもくろみ通りに物価は上がっている。日銀が重視した経済分析のツールは「フィリップス曲線」。人手不足の追い風もあり、経済と物価の関係が変わったことが「勝因」だった。

「この1年の経済と物価の関係は従来想定されていたものと違う」

黒田総裁は6月の講演で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報