/

この記事は会員限定です

日航・全日空、中南米の陣 ブラジル大手と提携綱引き

急成長の路線を争奪

[有料会員限定]

安倍晋三首相が25日から歴訪する中南米を舞台に、日本航空と全日本空輸が火花を散らしている。ブラジル最大手のTAM航空が3月末、所属する国際航空連合を全日空と同じ「スターアライアンス」から日航の「ワンワールド」にくら替えしたのが発端だ。提携先の組み替えで成長市場の中南米の勢力図が塗り替わる可能性もあり、水面下の攻防が熱を帯びている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン