2019年1月22日(火)

春秋

2014/7/16付
保存
共有
印刷
その他

1983年に大ヒットした大林宣彦監督の映画「時をかける少女」には、いまでも熱心なファンが多い。薄暗い実験室。倒れたフラスコの口から流れ出したラベンダーの香りを、主演の原田知世さんが吸って気を失い、倒れ込む。そこから不思議な物語が始まっていく。

▼代表的なハーブであるラベンダーは、この映画で広く知られるようになったといわれる。もちろん実際には、においをかいだからといって意識を失ったりはしない。ただしハーブの名をかたり、不心得者が売り買いする脱法ハーブであれば話は別だ。吸った状態で車を運転して暴走し、他人を巻き込む事故が後を絶たない。

▼加えて今度は、酒を飲んでの無謀な運転の続発である。北海道小樽市で12時間も酒を飲んだ男が、女性4人を死傷させた。被害者の手当てをしないばかりか、110番の前にまずたばこを買いに行ったと聞けば言葉を失う。埼玉県川口市では、市の職員がミニバイクに乗った女性を1.3キロも引きずり、死亡させて逃げた。

▼ハンドルを握るドライバーの振る舞いひとつで、車はとてつもないパワーを持った「走る凶器」に変貌する。脱法ハーブは言うに及ばず、運転することがわかっていながらあおる酒であれば、覚醒剤を使用しながらの運転と大きな違いはない。安易な行為が引き起こした結果をどれだけ悔いてみても、取り返しはつかない。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報