欧州サッカークラブ、アジア資本が相次ぎ買収
放映権・広告料狙う

2014/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

イングランド2部リーグの老舗、レディングFCのスタジアム。6月13日午後、タイの若手実業家、サムリット・ブンディットキサダ氏がピッチに下りてサッカーを楽しんでいた。レディングを買収しようと現地に乗り込んだが、米投資家グループが5000万ポンド(約90億円)と、同氏より4割以上も高い額を提示したと聞き、買収はもうあきらめた気持ちだった。

だが同日夕、オーナーのジョン・マジェスキ氏はサムリット氏への…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]