春秋

2014/6/28付
保存
共有
印刷
その他

足を重ねると、重い歴史を踏むような妙な気になった。銃を構えるしぐさをする笑い顔の観光客もいた。100年前のきょう、ハプスブルク帝国の皇太子がサラエボで暗殺された。25年前に訪ねた現場には、19歳のセルビア人青年がここで発砲したという足形があった。

▼足形には、暗殺を「自由への希求」とたたえるパネルが添えられていた。暗殺犯は英雄か、それともテロリストなのか。立場によって答えは違う。事件が第1次大戦につながり、広大な領土の多民族をゆるやかに束ねていたハプスブルク帝国は崩壊し、民族自決の名のもとに多くの国が生まれた。こう書けるばかりである。

▼しかし、それぞれの民族はだれにも邪魔されず、そしてだれも傷つけずに運命を決められるのか。ヨーロッパのこの100年は、その問いかけにノーと応じているように思える。ナチスの反ユダヤ主義はゆがんだ自民族絶対の思想だろう。1990年代はサラエボも舞台にボスニア・ヘルツェゴビナで凄惨な内戦があった。

▼じつは、足形はもうない。民族間の内戦のさなかに壊され、複製が博物館にある。セルビア人を顕彰するものが目につくのをほかの民族が嫌ったためという。足形ならそうして博物館に収められる。民族紛争はどうか。ことしになってロシアがクリミアを併合した。こちらは博物館には到底入れられぬ目の前の現実である。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]