/

この記事は会員限定です

中国誘致の韓国系STX大連、破綻手続き開始

[有料会員限定]

【大連=森安健】中国・大連(遼寧省)でアジア有数の造船所を展開していた韓国STX造船海洋の現地法人、STX大連が破綻手続きを開始した。大連市中級人民法院は26日、日本の会社更生法に当たる「破産重整」の申請を受理したと発表した。

STXは李克強首相が遼寧省トップの共産党委書記時代に、東北振興策の目玉として誘致。大連市北部の渤海湾に浮かぶ長興島に2007年に進出した。

遼寧省と大連市の政府は昨年来、国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン