春秋

2014/6/14付
保存
共有
印刷
その他

英BBCが2010年から断続的に放映しているドラマ・シリーズに「シャーロック」がある。題名から想像できるように名探偵シャーロック・ホームズが活躍するのだが、舞台を21世紀に移して、新鮮な魅力を生んでいる。日本でもNHKの放映を通して好評という。

▼思わずうならされたのは、ホームズの相棒であるワトソンの設定だ。アフガニスタンでの戦争に軍医として参加し、体をこわした男。コナン・ドイルの原作そのままだ。もちろん、原作は19世紀の、ドラマの方は21世紀の「アフガン戦争」を、それぞれ指している。改めて、アフガニスタンという国の長い苦闘に気がつく。

▼そのアフガニスタンできょう、大統領選挙の決選投票が行われる。5年前の前回選挙では次点だったアブドラ・アブドラ元外相と、4位だったアシュラフ・ガニ元財務相の戦いだ。どちらが勝つにせよ、この国の歴史のなかで画期的な出来事になる。最高指導者が初めて、民主的な手続きを経て平和的に交代するのだから。

▼もっとも、心配のタネは尽きない。原理主義的な反政府武装勢力タリバンはなお強く、テロが絶えない。最強の支援国である米国は2016年の末までに全兵力を引き揚げる。次の大統領が向き合わなければならない現実は、とてつもなく厳しいものだろう。平和と自由の国として新たな一歩を。そう願わずにいられない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]