/

この記事は会員限定です

労働時間規制除外、専門家の見方

[有料会員限定]

時間と異なる評価軸必要

柳川範之・東大大学院教授 IT(情報技術)の発達などで働き方は多様化しており、この流れは変わらない。時間で成果を測っている現状とは異なる評価軸が必要だ。企業が新たな仕組みを効果的に運用できれば、日本経済の成長につながるだろう。

労働者の不安が大きいため、まず一部に導入することはよい。ただ中長期的には対象者をもう少し広げてもいいと思う。時間ではなく成果で評価する仕組みをつくるこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン