2019年1月24日(木)

創業180年の名門財閥 アヤラ・コーポレーション (フィリピン)
電力・交通で新興勢に対抗

2014/6/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

19世紀のスペイン統治時代から続く名門財閥で、「アヤラ」といえばフィリピン経済の代名詞のような存在だった。ところが経営陣は危機感を強めている。小売り最大手SMグループや複合企業サンミゲルなどが台頭し、存在感を増しているからだ。

マニラのビジネス街マカティの大地主であり、不動産、金融、通信が経営の柱。スペインの血をひく6代目当主ハイメ・アウグスト・ゾベル・デ・アヤラ会長はハーバード・ビジネススクー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報