/

この記事は会員限定です

高級ビール競争、中国熱く 日本勢「生」に的

サントリー、販売1割増めざす

[有料会員限定]

世界ビール消費の4分の1を占める中国で日本のビールが攻勢に出る。サントリーホールディングスは今年、自社ブランド品の販売を前年比1割増の約50万キロリットルにする。アサヒグループホールディングスなども中高級品を強化する。中国は上位5社のシェアが7割。日本勢は3社でまだ2%未満だが、海外の食文化に触れて変わり始めた消費者の味覚に商機が見えそうだ。

中国沿海部の経済都市、上海。3千平方メートルの広さを持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1394文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン