春秋

2014/5/23付
保存
共有
印刷
その他

自動車の排ガス計測装置などを製造する堀場製作所の創業者、堀場雅夫氏(現在は最高顧問)が、「おもしろおかしく」という独特の社是を定めたのは1978年だった。そのころ社員の働き方についても、ほかの企業にない制度を考え始めていた。完全週休3日制だ。

▼月曜から木曜の労働時間を1日8時間から10時間に増やし、残り3日は休む。週の労働時間は週休2日のときと同じ40時間。密度を濃くして働き、休みはたっぷりとった方が、仕事の能率が上がりアイデアも出てくると考えた。通勤時間もなるべく省こうと、会社の近くに寮を建て、週前半は社員を泊まらせる案もあった。

▼ところが完全週休3日制は実現しなかった。理由はコスト増だ。労働基準法では1日8時間を超す労働時間は残業扱いになり、賃金を割り増す必要があるため人件費が膨らむ。仕事にメリハリをつけ、効率を上げようという働き方の改革に、規制の壁が立ちはだかった。それと同じような構図が30年以上たった今もみえる。

▼労働時間規制を見直し、柔軟に働けるようにする動きには、残業代がゼロになるなどの反発がある。しかし働く人のなかには、残業で稼ぐのでなく、成果で勝負したい人もいるはずだ。希望者に限って徹底した成果主義賃金制度のもとで、労働時間規制を緩める手もあるだろう。やりがいのある働き方とは何か、考えたい。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]