情深き舞台、どう継承 「文楽の顔」住大夫引退へ

2014/5/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

文楽太夫の七世竹本住大夫(89)が、26日まで開催中の東京公演を最後に現役を退く。1946年4月に入門して以来68年間、戦後の文楽の盛衰を見守り、けん引してきた「文楽の顔」だ。住大夫は何を残したのか、大黒柱が抜けた後の文楽はどう伝統を継承・発展させるのか。

東京・国立劇場小劇場。舞台人生の締めくくりに住大夫が語る「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな) 沓掛村(くつかけむら)の段」は、父…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]