春秋

2014/5/8付
保存
共有
印刷
その他

安保反対デモで騒然となった1960年は、ポリオ大流行の年としても日本の戦後史に刻まれている。子どもがかかりやすく、もっぱら小児マヒと呼ばれたこの感染症の患者はその年に5000人を超え、300人余が亡くなった。世情の混乱をいや増したに違いない。

▼翌年も流行が続くなかで劇的な効果をもたらしたのが、ソ連などから輸入した生ワクチンだった。当時は冷戦の真っ最中で、共産圏からの調達には慎重な声もあったという。しかし古井喜実厚相が決断を下して1300万人分の緊急輸入が実現し、患者はみるみる減る。80年を最後に日本で通常のポリオ患者は出ていない。

▼近年はワクチンも改良され、人類のポリオ根絶はもう一息、のはずだが敵はしぶとい。世界保健機関(WHO)は先日、パキスタンやシリアなど10カ国で感染が拡大しつつあるとして緊急事態宣言を出した。WHOは2000年をポリオ根絶の目標にしていたが達成できず、ここへきて状況はむしろ悪くなっているようだ。

▼背景には甚だしい貧困があり、戦争や内乱がある。往年の日本とは比べものにならない困難が横たわる感染地域なのだが、それでも国際社会の力を集めてウイルスに挑まねばなるまい。09年に世界の患者の半数を抱えたインドは、その後わずか数年でポリオ制圧を果たした。危機はきっと克服できると、事実が教えている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]