/

この記事は会員限定です

日本郵政、3倍7000人超の大量採用 15年度計画、民営化後で最大

本社最終集計

[有料会員限定]

新卒採用数のランキングでトップの日本郵政グループは、2014年春の実績に比べて3倍超の約7235人と大量の新卒を採用する。07年の民営化後、最大の規模で、2位のイオングループを引き離した。新しい正社員制度を設けたことに加え、業績が回復傾向にあるため採用を増やす。

郵政グループは4月から、限られた地域内だけで働く正社員「新一般職」制度を導入した。役職には就かない代わりに、引っ越しを伴うような遠隔地へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン