風なきオバマ 友達はペンと電話

2014/4/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米ホワイトハウス西棟にある大統領執務室。3月中旬、男女の笑い声がこだましていた。あるじのバラク・オバマ(52)と向き合っていたのは駐日米大使のキャロライン・ケネディ(56)。東京に赴任して以来初めてワシントンに戻り、日本政府がオバマを国賓待遇で迎えたがっていることをさりげなく伝えた。

米政府は当初、オバマの訪日を1泊2日で調整していた。ケネディが面会すると、日本が国賓として最低限必要と求めていた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]