札幌、6年ぶり上昇 道内上昇地点 8倍

(1/2ページ)
2014/3/19付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

国土交通省が発表した道内の公示地価(2014年1月1日時点)は全体平均で23年連続の下落だが、下落幅は4年連続で縮小した。景気回復と消費増税前の駆け込みで上昇地点が前年の8倍に急増。札幌市は住宅、商業地とも6年ぶりに上昇した。地方の主要都市でも横ばい地点が増えたが、経済が疲弊する地域では下落傾向が続いている。

道内1297地点の平均価格の下落率は1.1%で、前年より1.7ポイント縮小した。

住宅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]