春秋

2014/3/14付
保存
共有
印刷
その他

東京・下町の浅草寺は、江戸のむかしからにぎわいをつくり出してきた。江戸城下の発展とともに参詣する人が増え、境内と周辺には土産物などの店がたくさん立ち並んだ。のり、お茶、餅、くすり、人形……。消費を盛り上げるのに、この寺は大いに貢献したわけだ。

▼加えて今で言う企業家たちの頑張りもなかなかだった。関東の地酒の味が芳しくなく、江戸で酒といえば灘からの「下り酒」が当たり前なときに、山屋という店は地元産のうまい酒をつくった。隅田川の水を使って醸造したといわれる。上方が一番とは限らない。そんなメッセージを込めた商品で江戸っ子の心をつかんだ。

▼販売促進にも力が入った。木の端を砕いて繊維を房状にし、歯ブラシとして使う「ふさようじ」を売る店は、看板娘が集客を競った。柳屋というようじ店は「明和(18世紀後半)の三美人」といわれた中の一人のお藤が錦絵によく描かれ、大いに店の宣伝になったという。アイドルを活用した販促のはしりといえるだろう。

▼浅草寺の行事は夏のほおずき市、師走の羽子板市など多彩だ。18日には隅田川から観音像が引き揚げられた寺の由来にちなむ「金龍の舞」がある。イベントも国内外から観光客を呼ぶ力になって、町は潤う。店や企業が商品開発やマーケティングにさらに知恵を絞れば、効果は大きい。需要を開拓してきた先人に続きたい。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]