春秋

2014/2/22付
保存
共有
印刷
その他

べらんめえ調の江戸っ子なら「利いたふうな口をききゃあがって」とねじ込むところだろう。森喜朗元首相が、フィギュアスケートの浅田真央選手を評した言葉のことである。「真央ちゃん、見事にひっくり返りました。あの子、大事なときにはかならず転ぶんですね」

▼ショートプログラムで失敗を重ね、まさかの16位。翌日のフリーでどんなに頑張ってもさほど挽回はできそうもない――と残念無念の思いで口にしたに違いない。浅田選…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]