神様のホテル ビクトリア・スウィート著 救貧院から問い直す医療の意味

2014/2/19付
保存
共有
印刷
その他

なんと心洗われるノンフィクションなのだろうか。

著者のビクトリア・スウィートは、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコにある「ラグナ・ホンダ病院」の元医師である。1867年に救貧院として開設された同病院には、ホームレスや貧困のため病院に行けない人々、治療を投げ出された患者たちが集う。社会的弱者の最後の砦(とりで)のようなこのケア施設を、人は「神様のホテル」と呼ぶ。

同病院に20年間以上にわた…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]