ベトナムのFPTソフト、日本語人員5000人に倍増
受注拡大狙う

2014/2/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ベトナムのソフト最大手FPTソフトウエアは、日本語を理解できるベトナム人技術者を2017年に5000人と現在から倍増させる。人件費がまだ低いベトナムは日本のソフト開発の委託先として関心を集めている。増強した人員はベトナム本国での開発のほか顧客への対応にも当たらせ、日本企業からの受注拡大を目指す。

同社はベトナムで4年制大学「FPT大学」を運営、日本語教育を行っており、今後学生数や講座数を増やして…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]