/

この記事は会員限定です

パッティング 両肩・両腕の五角形崩さず

松村道央(13)

[有料会員限定]

パッティングのグリップはクロスハンドにしている。構えやすく、利き腕の右手主体で打てるからだ。使用パターはずっと「2ボール」と呼ばれるタイプで、重さが少し違う2本を使い分けている。

スタンスは肩幅よりやや広め。球は真ん中よりちょっと左に置く。両肩と両腕でつくったホームベース型の五角形を崩さず、両手を一体化させる意識を持って打つ。カップより少し先を狙って打つプロもいるらしいが、僕はジャストタッチを心が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン