/

この記事は会員限定です

半導体で勝ち残った東芝・ソニー 明暗の差は

[有料会員限定]

勢いを失った日本の半導体だが、すべてのプレーヤーがダメになったわけではない。特徴ある商品を持ち、世界的な存在感を発揮する企業もまだある。スマートフォン(スマホ)などに搭載されるフラッシュメモリーに強い東芝と、スマホやデジカメの「電子の目」を担うCMOS(相補性金属酸化膜半導体)センサーを持つソニーだ。

昨年末に東芝の四日市工場(三重県)を訪ねると、だだっ広い更地に7、8台のクレーン車が集結し、鉄骨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン