上岡龍太郎 話芸一代 戸田学著 ひそかな絶望へ思いはせる

2013/12/26付
保存
共有
印刷
その他

(青土社・2200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

(青土社・2200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

立て板に水という形容がふさわしい、話芸の達人であった。ひょっとしたら、もうすこし言いよどむようなところもあったほうが、よかったのかもしれない。そのほうが、深みもありそうに聞こえたような気はする。だが、滑舌にかける当人のプライドが、それをゆるさなかったのだろう。おしまれて引退するまで、流暢(りゅうちょう)な話術でおしきった。

当意即妙の機転にも、ひいでていたと思う。しばりの多いテレビの座談なども、波乗りのようにこなしてきた。だが、けっしてアドリブの才に、めぐまれていたわけではないと、著者は言う。話題に引き出しをふやし、またたもちつづける努力もあなどれないらしい。

講談や落語のような、型のある芸にはあこがれつづけていた。型なしの世界で頭角をあらわした芸人の、見はてぬ夢だったのだろうか。これは、上方芸能通で知られる著者が、上岡龍太郎自身と関係者に取材をかさねて書きあげた芸談である。

これだけの才人を、しかし活字の世界はきちんと評価してこなかった。人気の頂点にあって、自ら身をひいた理由は、そこにある。その可能性を示唆され、上岡のひそかな絶望へ、私は想(おも)いをはせる。

★★★★

(風俗史家 井上章一)

[日本経済新聞夕刊2013年12月25日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

上岡龍太郎 話芸一代

著者:戸田学
出版:青土社
価格:2,310円(税込み)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]