/

この記事は会員限定です

また捕れた海戻れた いわき市、試験操業拡大へ汗

[有料会員限定]

今月5日の朝。「3.11」の津波で壊れた波止場の改修工事が今なお続く福島県いわき市の四倉漁港に、同市漁業協同組合所属の「第3仁洋丸」(13トン)が、底引き網漁を終えて帰ってきた。

この日は穏やかな海に恵まれ、ヤリイカ、カレイ、高級魚のキチジ(キンキ)などを水揚げ。船主の鈴木三則(すずき・みつのり、62)は「漁師は海に出ないとね。がれき回収の仕事とは張り合いが違うよ」と笑った。

条件付きの再開

いわき市漁協が漁を再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン