/

この記事は会員限定です

洋風なのに脱メタボ食 「地中海食」の取り入れ方

和食より先に無形文化遺産に

[有料会員限定]
 今や国民的な関心事のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)。元凶としてしばしばやり玉にあがるのが「食の洋風化」だ。だが最近、その洋風の「地中海食」が、メタボや生活習慣病の予防に良いと注目されている。和食の一足先にユネスコの無形文化遺産になった地中海食。普段の食生活にどう取り入れればよいか、専門家に聞いてまとめた。

「特につらい食事制限もせず、体重が元に戻った」。東京都内で喫茶店を営む伊東ひさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン