/

この記事は会員限定です

へそ曲がりに生えた親知らず要注意 抜歯で後遺症も

しびれや痛み、放置なら繰り返す炎症

[有料会員限定]
 奥歯のさらに奥に生える「親知らず」。邪魔なら抜けばいいと簡単に考えがちだが、年をとると抜歯は難しくなり、しびれなどの後遺症のリスクも無視できない。かといって、放っておいても、激しい炎症を起こすこともある。抜く必要があるのか、どこで抜歯するのか。十分な知識をもって最善の治療を受けたい。

ほおは大きく膨れあがり、激痛が走る――。国立国際医療研究センター病院の歯科・口腔(こうくう)外科を受診した30代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン