/

この記事は会員限定です

体操講座やCMも 「ロコモ」防止へ行政が対策

[有料会員限定]
 日常生活に欠かせない運動機能が低下した状態の「ロコモティブシンドローム(運動器症候群、ロコモ)」。その対策に取り組む動きが広がってきた。住民の健康づくりを支援するため、各地で予防体操講座が開催され、知名度不足解消を狙った普及・PR活動も相次ぐ。社会保障費が膨らむ「2025年問題」が迫る中、国や自治体はロコモ対策に力を入れている。

「いーつーも使ーう足の力、毎日鍛えようー」。10月下旬、さいたま市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン