/

三秒間の死角(上・下) A・ルースルンド、B・ヘルストレム著

ポスト冷戦期の一断面呈示

(角川文庫・各840円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

潜入捜査ものの警察小説。といっても、その型から大きくはみ出す。流行の北欧ミステリの優しい基調とも無縁だ。

合成ドラッグの蔓延(まんえん)、国境を股にかける犯罪組織、服役者をリクルートして潜入捜査官に取りこむ警察システム、刑務所までびっしりと整備されたドラッグ市場。などの要素のうち、後の2点は、従来の警察小説ではお目にかかったことがない。これは、スウェーデン独自か。

主人公の潜入捜査官は、刑務所の麻薬販売ルートの独占をめざす組織の密命を受け(組織を壊滅させる証拠を固めるため)、服役囚となる。だが警察の上層部は彼の切り捨てをはかる。彼のほうもそれを予測して、周到な対策をこうじていた…。

後半は主に、「完全脱獄」の物語だ。服役に先立つ3日間。彼が用意する脱獄手段の小道具の一つひとつのディテールが凄(すご)い。チューリップの花に麻薬を隠し、図書館の本に長さ約5センチのミニガンを分解して隠す。タイトルの意味が判明する瞬間はじつにスリリングだ。

ポスト冷戦期のヨーロッパの一断面を、犯罪をとおして鮮烈に呈示(ていじ)する。ヘレンハルメ美穂訳。

★★★★

(評論家 野崎六助)

[日本経済新聞夕刊2013年11月27日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

三秒間の死角 上 (角川文庫)

著者:アンデシュ・ルースルンド, ベリエ・ヘルストレム
出版:角川マガジンズ
価格:882円(税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン