/

春秋

「人民の人民による人民のための政治」。あまりにも有名な一節だろう。時のリンカーン米大統領がペンシルベニア州のゲティズバーグで演説したのは、国を二分した南北戦争のさなか。150年前のきょうだった。理想は日本国憲法にも息づいている。色濃いまでに。

▼憲法の前文には次の下りがある。国政の「権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」。ゲティズバーグ演説を踏まえているとの印象は強い。続けて「これは人類普遍の原理」だとも宣言している。起草を主導した米国の傲慢の表れ、と感じる人もいるかもしれない。

▼だからなのか、自民党の憲法改正案にこの表現はない。「人類普遍の原理」ではない、と言いたいのでは。そんな臆測も浮かぶ。連想するのは、このところ中国で高まっている議論だ。人権や法の支配といった「普遍的価値」を唱える人たちに、保守的な勢力が激しい非難を加えている。「西側の敵対勢力の手先」などと。

▼そういえば自民党改正案の前文は中国憲法と似ている。かたや「日本国は、長い歴史と固有の文化を持ち」で始まり、こなた「中国は世界で最も悠久の歴史を持つ国の一つ」で始まる。米民主政治の理想より、中国の政治文化に親しみを覚えるのか……。そんな勘繰りをしてしまうのも自民党内の右寄りの風向きのせいか。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン