/

この記事は会員限定です

寒い冬、快く眠るには 朝食しっかり食べるのも有効

厚い寝間着はNG

[有料会員限定]
 日々寒さが増すこの季節、手足が冷えて眠りにくいという人もいるだろう。心地よく眠る秘訣は、寝室の温度や湿度を適切に調整しつつ、おなかや足を重点的に温めることだという。布団を何枚も重ねたり、厚手の寝間着を着たりしなくても、質の高い睡眠ができると専門家は話す。

寒い冬、寝入りに時間がかかる主な理由は手足などの冷えにある。眠りに入るとき、内臓など体の内側は、徐々に温度を下げて休む態勢に入る。しかし手や足...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン