知の明日を築く 赤ちゃん通じ脳に迫る 玉川大 脳科学研究所

2013/11/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

玉川大学に脳科学研究所がある。脳科学を研究対象とした大学の施設は全国でも珍しいという。動物はもちろん、人の赤ちゃんの研究でも知られ、「脳を通じて人の仕組みを解明したい」と話す研究者の熱意であふれている。

脳科学研究所は2007年4月に同大学の学術研究所にあった脳科学研究施設などが独立してできた。研究用のラットやサルの飼育施設や、磁気共鳴画像装置(MRI)などが所狭しと並ぶ。

□ ■ □

意思決定、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]