/

春秋

昭和29年のことだ。ブラジルで、同じホテルに泊まるフランスの若い俳優が歌手の越路吹雪に声をかけた。「あす朝早く二人でコーヒーを飲もう」。うなずいた越路さん、約束を守ろうと翌朝、眠い目をこすり彼の部屋をノックすると、彼は一睡もせず待っていた……。

▼越路さんはやっと気づく。朝のコーヒーを一緒に飲もうとは、一夜をともにしようという誘いなのだと。この逸話を気に入ったのが越路吹雪を家族のように支えた作詞家の岩谷時子さんだった。かくして後年、ピンキーとキラーズの「恋の季節」に「夜明けのコーヒー 二人で飲もうと~」の一節が盛り込まれたのである。

▼25日に97歳で死去した岩谷さんが、そんな思い出話を「夢の中に君がいる」に書いている。アニメの主題歌や演歌もあるのだが、その詞の真骨頂は、若者の恋心や冒険心をまっすぐモダンにうたうところにあった。「恋の季節」がそう。加山雄三さんの「君といつまでも」や「旅人よ」も、訳詞「愛の讃歌」もそうだった。

▼今だと少し照れくさいようでも、それが戦後という時代の景色でもあった。辻井喬(堤清二)さんが、昭和20年までとそれ以後とは異なる時間が流れているのだから「昭和は遠くなりにけり」とは表現できない、と書いていて、納得した記憶がある。岩谷さんの訃報には、「戦後は遠くなりにけり」の一言を添えておきたい。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン