/

この記事は会員限定です

米債務上限上げ 上院、暫定案ほぼ合意

下院は難航、行方不透明

[有料会員限定]

【ワシントン=中山真】米上院の民主、共和両党幹部は15日、事実上の期限を17日に迎える米連邦債務の上限引き上げ問題を巡る調整を続けた。米主要メディアによると、双方は来年2月まで国債発行を認める暫定措置でほぼ合意に達し、調整は最終局面に入った。一方、下院の野党共和党では医療保険改革法(オバマケア)の修正を求める強硬論がなお根強く、意見集約は難航している。上下両院ともに期限内に法案を可決できるかどうかは予断を許さない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン